« テスト収穫 2回目 | トップページ | あきひめ 試験販売 »

2017年11月25日 (土)

第41回 東雲杯剣道大会

Img_0377001

大須賀修道舘主催「第41回東雲杯剣道大会」に参加させていただきました。大舞台「エコパアリーナ」。

高学年5人制団体戦と女子3人制団体戦は試合、低学年(44年生以下)は40秒の基本判定。参加チーム数は県内外から115チーム。

毎年思いますが、これだけ大規模な大会を一道場が開催できること、心の底から尊敬します。大須賀修道舘、加藤館長、関係者の皆様、万歳!!

Img_0388001

さて、この大会、県内のトップチームが数多く参加する非常にレベルの高い大会です。なかなか上位入賞は難しいのですが、どこかでやっぱりビッグネームひとつふたつ倒して一個上がりたいわけです。

私は今回第二試合場の審判主任。試合場内の審判はやりませんでしたが、あまりキョロキョロもできないので、困ったなと思っていたら大剣会高学年チームの試合場でした。普段あり得ないほどお弟子さんたちの試合をガン見できました。

Img_0440001

予選リーグ3試合。エンジン掛かってない選手何人か。空回りも少々。良い動きで入った子もいましたが、全員「乗りに乗ってる」とまではいってない感じでした。それでも3勝して1位抜け。

決勝トーナメント1回戦は、大の仲良しで前々日も一緒に稽古していた「富士宮剣道連盟少年部」。今年、公式戦での対戦多すぎます。いつも熱い勝負をありがとうございます。

2回戦は磐田剣道連盟「造士館」。代表者戦の末、敗れました。団体戦なので、誰のせいということはありません。全員が精一杯戦った上での結果です。

でも、この僅差の戦いをいろんな角度から検証すると、人生に大切な教訓もいろいろ見えてくるのかも。剣道って素晴らしい。

Img_0417001

さてさて、続きまして低学年の部。過去2年連続3位入賞してましたので、今回はそのひとつ上を目指して1ヶ月くらい前から特訓しました。

土曜参観と重なった4年生2人の穴を【1部見習い】の3年生に埋めてもらう感じで頑張ってもらいました。

第8試合場は私のいた第2試合場から真反対の対角線上で地平線のかなた。まったく見られませんでしたが、監督からの報告で予選リーグ3勝して1位抜け。凄いじゃん。

決勝トーナメント初戦で、いつも錬成会でお世話になっている「浜松東部剣友会」と対戦。大将戦までもつれた結果、僅差の敗退。「東部剣友会」、上手だった。参りました。

3年生3人がこの大会での本番を体験できたことは大きいです。来年は絶対上位入賞してみせます!!

Img_0434001

続きまして、女子の部。3人制団体戦。こちらは選手も審判員もすべて女子の第5試合場。中央でしたので、チラ見しながら様子を探ってました。

先鋒 カノン(3年生)、中堅 ヒカリ(5年生) 大将 マホ(6年)。

予選が何回かあったようで、勝ったり負けたり。おかけで強敵とたくさんの試合ができたようです。良かったね。

3人のチームワークはいかがでしたか? ボケ役はちゃんとボケてツッコミ役はちゃんとツッコみましたか?大剣会でやっている以上、今後もこういうメンバーで戦うケースきっとあるよ。

Img_0395001

ということで、今年は「例のアレ」をゲットできず悔しい思いをしました。まだまだいっぱい稽古していかないとね。壁にぶち当たった時は原点に戻る。それもいいかもしれません。

Img_0383001

Img_0492001

↓【お題】写真で一言。

Img_0424001

【おまけ】 あんよ!! あんよ!!

Img_0496001

 

|

« テスト収穫 2回目 | トップページ | あきひめ 試験販売 »

大剣会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526590/66088391

この記事へのトラックバック一覧です: 第41回 東雲杯剣道大会:

« テスト収穫 2回目 | トップページ | あきひめ 試験販売 »