« 巨大サザエ from 北大谷 | トップページ | 第59回静岡県中部地区剣道大会 »

2013年4月28日 (日)

火の玉サンデー

本日、大谷小学校体育館で火の玉稽古会の日曜増刊号(火の玉サンデー)を実施しました。

5/3の鈴与杯予選リーグ突破を目標にしている大剣会の小学生1部に加え、この稽古会のことを聞きつけた市内の中学生も約40人参加してくれました。

大谷小の体育館に50人も集まるとかなりの人口密度となり、どこで誰がさぽっさているのかも分からないくらいの稽古になりますが、普段できない相手との稽古は緊張感もあっていい稽古ができるはず…ですけど、皆さんどうだったでしょうか。

2013042818090000001大会前なので、試合練習に時間を割きました。

個人戦形式で1時間、団体戦形式で30分。

小学生相手に試合してくれた中学生のみなさん、やりづらかったでしょうが、ありがとうございます。なんとしても予選リーグ突破して御恩返ししたいと思います。

稽古後に忘れ物ありました。37寸の男子用竹刀です。

特徴は鍔と鍔止め、中結のはね具合です。大剣会関係者だとしたら佐藤先生のゲンコツを覚悟いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

|

« 巨大サザエ from 北大谷 | トップページ | 第59回静岡県中部地区剣道大会 »

大剣会」カテゴリの記事

コメント

昨日はありがとうございました。

大谷小に当方の中学生を連れて行くのは初めてだったのですが、初めて小学生を連れて行った頃を思い出しました。

当方、弱い集団ながらも目標を掲げて日々精進しているところでありますが、他の学校、他の集団がどのような指導を受け、どのような稽古をしているのか?ということの興味を持つ生徒が少ないと常々感じておりました。

火の玉ウィークエンド、火の玉サンデイ・・・

前回、参加させていただいた時の実感ですが、非常に密度の濃い稽古内容、あれだけの稽古に1週間に複数回を自らの意思で参加できる生徒の魂はまさしく火の玉に化けるな、と心底自分の行動力、実践力、指導力の未熟さを痛感させられました。

地道な稽古でしか作ることのできない”攻める気持ち”ですが、昨日の練習試合の中で火の玉のようにぶつかっていく南中の生徒の姿がとても印象的でした。

私達、指導者と呼ばれる人間の目指すべき姿は、生徒ひとりひとりの心に、小さな火の玉を作ることなのかもしれません。

どうか、当方の生徒の尻に”熱い火の粉のかけら”がついてくれたことを信じたいと思います。

自分の尻にも火をつけて臨んだ上記の大会ですが、健闘むなしく初戦敗退・・・・

本当に試合とは難しいものです。

メンバー個々に予定があったようで反省会は個々に行うことになりました。

深い、深~い反省会?は稽古のない日でまた次回!!!


投稿: ヘト2 | 2013年4月29日 (月) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526590/57265751

この記事へのトラックバック一覧です: 火の玉サンデー:

« 巨大サザエ from 北大谷 | トップページ | 第59回静岡県中部地区剣道大会 »