« 第44回静岡県居合道段別選手権大会 | トップページ | あきひめ ピン止め 加速 »

2012年7月16日 (月)

第8回 少年剣道合同稽古会

Img_0242
スペシャル3連休の最後を飾るのは、今回で8回目を迎えた小学生の合同稽古会。今回も大勢の小学生、指導者が参加してくれました。

やることはいつも同じです。体操・素振り・面を着けてアップの後、1時間半でできるだけ練習試合、最後に20人以上の重厚な元立ち陣にかかる稽古を30分やって11時30分終了です。

Img_0268

Img_0278

Img_0253
他の剣道教室の小学生のみなさん、相当腕を上げています。「うわ~、この子、こんな技が打てるようになったんだ~。」そんなすばらしい技が随所で見られました。

先生方は実際の試合を素材に審判法の腕を磨いていただきました。ベテランの先生方が各試合場に数名ずつついて、途中途中にレクチャーなど入れながら経験の浅い先生方にご指導いただきました。いずれ、市民大会などで審判員をしていただけるように・・・。

今回の参加団体は、大剣会、東部体剣教、北部体剣教、安東剣教、大浜剣友会、田町鉄誠会、ヤマ・スポ、剣誠会、用宗剣スポ、SBS錬心舘、井宮剣志会。

参加小学生は77人、指導者25人、お手伝いの中学生6人。総試合数は127試合でした。

第7回 合同稽古会

第6回 合同稽古会

第5回 合同稽古会

第4回 合同稽古会

第3回 合同稽古会

第2回 合同稽古会

第1回 合同稽古会

|

« 第44回静岡県居合道段別選手権大会 | トップページ | あきひめ ピン止め 加速 »

大剣会」カテゴリの記事

コメント

昨日はありがとうございました。

そうです。佐藤家では、先生のことを「行列のできる元立ち」と呼んでいます。

一方で、月曜日での稽古でご存知のように、180センチ超のあの二人は、とくに行列が短い不人気?元立ちコンビ。

小中学生の列が切れたらすぐに自分の稽古に行ってしまう「薄情もの」とも呼ばれていますが、そんな中でも、安東の子どもたちは毎回必ず私のところに来てくれます。昨日もそうでした。

記事にもしましたが、昨日の稽古で私が一番成長を実感したのは「安剣」の子どもたちでした。

養浩館に来ている連中です。いい試合をしていました。来年中学へ上がったらまた一段と伸びてくるでしょうね。楽しみです。

この合同稽古会、先生方のご協力によって8回も継続させていただき本当にありがたいです。

試合経験の少ないスポ少剣士たちに、少しでも経験を積ませてあげられればと思って段取りしてきましたが、実は一番大事な部分は試合ではなく、最後の30分だと思っています。

大剣会も木曜日は内外から大勢の先生方がお見えになり、子どもたちは大人にかかるのが比較的慣れているとは思うのですが、それでもあれだけの元立ちにかかる稽古はなかなかできません。本当に貴重な稽古をありがとうございます。

私は中学生の部活にはほとんど関知していませんが、聞くと合同稽古のときも中学生審判での集中力にかけた試合を延々とやっているこが多いとも聞きます。

試合も大事ですが、高段者にガンガンかかる稽古の機会を増やしたらどうかなと思います。やり方はいろいろあると思いますので・・・。

今後ともご指導、よろしくお願いいたします。

投稿: ヘトヘト会 大将 | 2012年7月18日 (水) 00時46分

昨日はありがとうございました。

100本素振りで朝稽古からの力を使い切り?合同稽古では、本当に有り難いくらいのたくさんの生徒たちが懸ってきてくれたので、普段の稽古と同様、残すことなく力いっぱい彼等のお相手をさせていただきました。


佐藤さんのコメントと重なりますが、全体的に自信をもって試合に取り組む姿勢、そして”懸る姿勢”が強くなった生徒が増えた様子が覗えました。

恐らく、この会をうまく消化しながら日々の指導や本番の試合につなげている先生方、生徒、そしてご父兄が増えてきているということだと思います。

私は地元の中学生の指導が中心なので、いつも引率させていただいている当方の団体の指導に直接関わっているわけではないのですが、前回の自分の立会を反省し、養浩館に通うようになった生徒達の成長を確認することができましたので、とにかく参加されているすべての生徒、そして先生方に感謝させていただいております。

先日も、ヘトヘト会・先鋒?のS田と語っていたのですが、サッカーや野球には、「かっこいいな。あんな風にやってみたいな」という見本がたくさんいるのだと思います。

私自身、剣道を続けてきて以来、小中高と入賞した経験もなく、強化選手になることもありませんでしたが、毎年のNHKの全日本選手権や、剣道雑誌の名選手の話は、今の自分を作ってくれたかけがえのない財産だったと感じております。

面のつけ方、声の出し方、技の出し方、得意技、残心・・・

色々な意味で目標とされる存在になれる存在に自分がなれるように日々の自分自身の稽古に精進するのは決して悪いことではないと思います。

これからも、自分の稽古の課題を克服しつつ、列を作ってくれる生徒達に新しい心を吹き込めるように日々精進していきたいと思います。

投稿: ヘトヘト会 中堅 | 2012年7月17日 (火) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526590/55210272

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回 少年剣道合同稽古会:

« 第44回静岡県居合道段別選手権大会 | トップページ | あきひめ ピン止め 加速 »