« お歳暮・お年賀の予約受付中!! | トップページ | 学美舎で三軒屋の特集 »

2010年12月12日 (日)

二酸化炭素濃度測定器

2010121116253201 静岡県中部農林事務所から「二酸化炭素濃度測定器」をお借りしてきました。毎朝、ハウス内の「二酸化炭素濃度」を測定しています。

光合成に必要な要素は、「太陽光」と「水」と「二酸化炭素」です。

この三つのうちのどれかひとつでも欠如していれば、植物の生育は正常に行われませんし、おいしい果実もできません。

施設栽培は早朝の寒い時間帯にいち早く温度を上げて光合成を促しますので、ある程度温度が上昇するまで窓を開けません。

窓が開かない間、植物は二酸化炭素をどんどん吸収します。場合によっては、二酸化炭素濃度が極端に低下して飢餓状態になる可能性があります。つまり光合成したいのにできない状態。

土壌を使わない高設栽培では、ハウス内の二酸化炭素が不足しがちです。ハウス内のガス濃度を測定して私たちが呼吸している自然環境下の空気中の二酸化炭素濃度よりも極端に低くならないように注意しています。

|

« お歳暮・お年賀の予約受付中!! | トップページ | 学美舎で三軒屋の特集 »

いちご」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526590/50284135

この記事へのトラックバック一覧です: 二酸化炭素濃度測定器:

« お歳暮・お年賀の予約受付中!! | トップページ | 学美舎で三軒屋の特集 »