« 完熟さちのか | トップページ | 笑うトラ »

2010年1月16日 (土)

ミツバチのえさ場

2010011615244101_2 12月から2月頃の厳寒期はイチゴの樹に生育にとって、とてもきつい時期です。新芽の葉っぱも小さくなって、生育スピードもかなり低下してきます。

いちごの樹と同様に、10月の一番花の開花時期にやってきたミツバチたちも消耗しています。巣箱も当初に比べてかなり軽くなっています。巣箱の中に蓄えてあった蜜をほぼ使いきった状態。

おなかがすいてバテ気味のミツバチを見かねたジージがペットボトルを使ってミツバチのえさ場を作りました。薄めた蜂蜜を入れてあります。

置いてしばらくすると、匂いでわかるのか、ミツバチたちは大挙してやってきて、ゴクゴク飲んでいます。500mlのペットボトルは一日でなくなってしまいます。

おかげでミツバチたち、最近は寒さが一番厳しい時期であるにもかかわらず元気ビンビンで飛び回っています。

ジージ、農学校時代は畜産クラブ。生き物相手のこういう仕事は大好きです。

|

« 完熟さちのか | トップページ | 笑うトラ »

いちご」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526590/47309390

この記事へのトラックバック一覧です: ミツバチのえさ場:

« 完熟さちのか | トップページ | 笑うトラ »