« 直売所前の田んぼの様子 最終回 | トップページ | 池の谷池の鴨とアヒルに餌やり »

2009年9月 9日 (水)

培地を耕うんしました

Image13高設栽培では、イチゴの苗を植え付ける床土のことを「培地」と言います。

「ヤシがら」や「ピートモス」など植物由来の培地を「有機培地」、栽培用ロックウールなど非植物由来の培地を「無機培地」と言います。

三軒屋は、物理的に安定していて、水分条件をコントロールしやすい「無機培地」を採用しています。

Image9 昨日から総延長2,700メートルの栽培ペット中の培地の耕うんを始めました。「みのるくん」です。年に2~3日の出番しかない「みのるくん」ですが、この時とばかりに張りきって耕うんしてくれます。4サイクルエンジンも快調。

ただ、自走してくれないので人間様が二人がかりで2,700メートルを押していきます。エンジン音で耳がキーン、振動で手がブルブル。残暑のハウス内で汗ダクダク。

それでもがんばって、1号ハウスから3号ハウスまでの4,500㎡、2,700メートルをたった二日で完了させました。パートの千秋さん、あっちゃん、お疲れ様!!

|

« 直売所前の田んぼの様子 最終回 | トップページ | 池の谷池の鴨とアヒルに餌やり »

いちご」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526590/46164480

この記事へのトラックバック一覧です: 培地を耕うんしました:

« 直売所前の田んぼの様子 最終回 | トップページ | 池の谷池の鴨とアヒルに餌やり »