« 紅ほっぺのランナー発生特性 | トップページ | 人懐っこすぎない? »

2009年8月13日 (木)

あきひめランナー最終局面

Image4 「あきひめ」のピン留めが最終です。

パートさんたちも朝6時半から苗場ハウスに来てくれます。

よく「早朝から大変だね~」と言われますが、日中だともっと大変です。

三軒屋のイチゴは「あきひめ」、「紅ほっぺ」の2品種ですが、静岡ではやはり「あきひめ」の人気が根強く、直売所におこしのお客さまも「あきひめ」指定の方が多いです。

ということで、三軒屋の品種別の栽培面積の比率は、「あきひめ」対「紅ほっぺ」が4対1です。

昨年までは3対1でしたが、今シーズンハウスの規模拡大予定ですが、拡大分は全部「あきひめ」を植え付ける予定です。

|

« 紅ほっぺのランナー発生特性 | トップページ | 人懐っこすぎない? »

いちご」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526590/45917948

この記事へのトラックバック一覧です: あきひめランナー最終局面:

« 紅ほっぺのランナー発生特性 | トップページ | 人懐っこすぎない? »