« 前日ものイチゴの運命やいかに | トップページ | 第40回静岡県少年剣道大会 »

2009年2月10日 (火)

新規就農に関する意見交換会

Dsc01570 静岡県中部農林事務所主催の「新規就農に関する意見交換会」に出席してきました。

農地や栽培技術など、農業の基盤を持たない人で農業を志す人が最近増えています。

若い方から定年後の第二の人生を農業分野で頑張ってみようという方まで、いろいろです。

農業は法律のしばりや、収益性が自然条件に大きく影響を受けることなどから、なかなか新規参入の難しい産業です。

篤農家の子息でも農業を継がず、農業従事者は全国的に減少の一途ですが、そんな中でも農業に魅力を感じ、人生をそれに賭けてみたいという人もごく希にいらっしゃいます。

静岡県では、農業への新規参入を希望する人のために「がんばる新農業人支援事業」を展開しています。

優秀な専業農家で1年間、栽培技術や経営の勉強をし、その後行政やJAの支援のもと、独立するという流れです。

これまで、県東部、西部地区での事業化がメインでしたが、中部地区でも受け入れ態勢を整えるということで、管内の優秀な農業経営者が集まって意見交換会をしました。

いろいろ難しい問題もたくさんありますが、県・市・地元JAが連携して強力な支援体制を整えていくという方向で意見が一致しました。

三軒屋もまだまだ駆け出しで、たいしたお役にも立てませんが、自らもゼロから始めた農業経営ですので、生のデータをもとに就農相談にお答えできますので、ご興味のある方は遠慮なくお問い合せ下さい。

|

« 前日ものイチゴの運命やいかに | トップページ | 第40回静岡県少年剣道大会 »

新規就農」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526590/44021068

この記事へのトラックバック一覧です: 新規就農に関する意見交換会:

« 前日ものイチゴの運命やいかに | トップページ | 第40回静岡県少年剣道大会 »