« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

手づくりイチゴジャム

Img_061601 三軒屋の隠れた人気商品がこの手づくりイチゴジャム。

バーバの奈良子さんが作っているのですが、とてもおいしいということで、まとめ買いをされていくお客さまもいらっしゃるくらい。

使いきりタイプの少量パック(180グラム)で、1パック300円です。

いちご園ではパック詰めの際、変形や過熟などの「くずイチゴ」がどうしても出てしまいます。そのくずイチゴを自宅にある加工所で奈良子さんがジャムに加工しています。

三軒屋のジャムの特徴は、①色が鮮やかなこと、②イチゴ本来の風味をそのまま残していること、です。

面倒だからといって一度に大量に煮てしまうと色が悪くなるようです。奈良子さんは大きな鍋を使って、面倒でも少量ずつ煮ています。

風味がいいのも、とれたてで新鮮なイチゴをすぐに加工するからだと思います。

三軒屋の直売所の他、JA静岡市のファーマーズマーケット「南部じまん市」で販売しています。ぜひ、お試しを!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

学位取得祝賀会の引き出物

Img_061401 あきひめいちごの2パック入れケースを80セットという注文がありました。引き出物にご利用とのこと。

今週は1週間ずっと雨だったので、大粒サイズが160パックも用意できるか心配でしたが、なんとか用意できたのでほっとしました。

実は、依頼主のお客様は静岡県職員時代の同期のSさん。今でも家族ぐるみでのお付き合いをいただいています。

入庁以来、ほとんど研究畑を歩んできたSさん。このたび念願の「農学博士」の学位を取得したということで、市内のホテルで祝賀会がありました。

これからは、「ドクター」と呼ばなくては・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

たけのこ初物ゲットだぜ

Img_060701 ジージの初春の大切な仕事のひとつがタケノコ掘り。

今年初のタケノコをゲットしました。明日の朝はタケノコの味噌汁か!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

世界の菓子まつり チケットあります

20090223 3月20日から29日までツインメッセで開催される「2009世界菓子まつり」の前売券が三軒屋の直売所に置いてあります。

静岡で大人気の「いちご大福」の「松木屋」さん。三軒屋のイチゴを使っていただいているのですが、そこの若旦那さんがこのイベントに深く関わっているそうです。

前売券を何枚か託されたので、三軒屋の直売所で販売中。

大人900円(当日券)→700円(前売券)

子ども700円(当日券)→500円(前売券)です。

「行く予定だ」という方、お得ですので三軒屋にお立ち寄りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

本日完売の本質とは

Img_059901_2今日もたくさんのご予約をいただいていました。午前中早い時間帯で完売となり、その後おこしいただいたお客様にはご迷惑をおかけしました。

樹の生育状況や前日の天候の具合などにより、採れ高が少ないときは、ご予約注文の対応だけで直売所でお売りするイチゴが少なくなってしまう時があります。

お店側にとって完売になるということは一見喜ばしいことのようにも思えますが、ビジネスとして考えると決して喜ぶべきことではないようです。

数日前に、コンビニのお弁当の値引き販売についてニュースになっていましたが、コンビニでお弁当を品切れにすることは「あってはならないこと」らしいです。

お客様がいるのに売り切れで商品がないということは、みすみす販売機会を逃しているということなるからです。売れ残って廃棄するくらいでなければ商売にはならないということでしょう。

三軒屋のような農家の直売所の場合、「明日お客様が多そうだから商品をたくさん用意しておこう」とはいきません。

したがって、今日のように午前中完売となり、その後に来店されたお客様には大変なご迷惑をかけてしまいます。

市場から仕入れてくれば商品を揃えることはできるかもしれませんが、お客様は三軒屋のイチゴを買いにわざわざ大谷の田んぼの真ん中まで来てくれるわけですから、他人様のイチゴをお売りするなんてことはとてもできません。

生産者直売所には新鮮な農産物を提供できるというメリットもありますが、いつでも商品が揃っているわけではないというデメリットもあります。

私たちは、そういうメリット・デメリットも全部お客様に伝えていかなければならないと思っています。つまり、「三軒屋の価値とは何かをお客様にしっかり伝えていく・・・」ということです。

デメリット部分を言い訳にするのではなく、それをいかに小さくするか栽培面での努力を怠らないようにしなければならいのは言うまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

コープしずおか 産地ふれあい体験

Img_059001コープしずおか」の組合員の皆さん約40人がハウスの見学に来てくださいました。

イチゴの納入でいつもお世話になっている「コープしずおか」の交流事業の一環で、毎年三軒屋のイチゴハウスにおこしいただいています。

最近よく聞く「生産者の顔の見える農産物」。スーパーの売り場には、生産者の顔写真が貼ってあったりします。

でも、それで本当に「顔が見える・・・」と言って十分でしょうか。

三軒屋が考える「顔が見える・・・」とは、お客様に三軒屋のすべてを知ってもらうことです。

経営者やスタッフの顔はもちろん、人柄、農業に対する考え方など、すべてをお客様に知ってもらうこと、それが本当の意味で「顔が見える」ということなのだと思っています。

そういう意味で、このような交流の機会をセットしていただけることは大変有り難いことだと思っています。生協関係者の皆さん、ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

おもしろイチゴ発見!!

32「{紅ほっぺ」のハウスで見つけました。なんと表現したらよいのやら・・・。

誰かのお尻?それとも、飲んで帰ったお父さんのお土産?

三軒屋では、大きなイチゴをつくるため、摘果をまめにやっています。

頻繁に摘果作業が入るので、変形のイチゴはその段階で除去され、赤くなるまでハウスに残ることはあまりありません。

でもたまに、こんなおもしろいイチゴが見つかるときがあります。四葉のクローバー的感覚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

章姫三番花終了

Img_053901 11月中旬から収穫が始まった章姫(あきひめ)は、三番目の花の果実がほぼ終了です。

現在、四番目の花が結実・肥大中です。

イチゴはシーズン中、花房が何度も何度も出てきて実がつくのですが、ひとつの花房の中で一番最初に咲く花が大きな粒になります。

なので、その大粒が採れ終わると、次の花房が生長するまで大粒は採れないということになります。

大粒が多い時期、少ない時期があるのはそのためです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

部員募集チラシ その2

Photo 大谷剣道会部員募集チラシパート2。

三軒屋キッズ5号が金曜日から40℃近い熱を出してグッタリしています。

奥様が仕事を休めないので、月・火とイチゴの仕事はスタッフにお任せして、私がずっとそばに付いていてあげるようにしました。

5号が寝ている間、自宅で事務仕事をしていたのですが、ついでに大剣会の部員募集チラシパート2も作っちゃいました。

今日はこれからキッズ2号・3号の参観会なのですが、現在5号が熟睡しているので行けるかどうか微妙です。

ちなみに謎の多い三軒屋キッズですが、現在のところ1号から8号までいらっしゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

電光掲示板現る

Img_054901 三軒屋の直売所に電光看板がつきました。

真っ昼間はそれほど目立ちませんが、明け方や夕暮れ時はガンガン輝いています。

三軒屋の直売所は、見ての通り栽培用ビニールハウスの一角でパック作業をしながらの直売なので、お店としては洗練されていません。看板を出すなんて、正直言うと少し恥ずかしいです。

でも、気になる「本日のイチゴの値段」や、「豊作時の特売セール!!」なんてのを表示すれば、お客様がお店の中に入らなくても確認できるので便利なのでは?と思って設置してみました。

表示する文章もなかなかセンスがいります。長すぎると読み切る前に通り過ぎてしまうので、伝えたいことをコンパクトにまとめるっていうところが難しいですね。

前を通ったら看板のセリフに注目!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

がんばれハッチ!!

Img_9854 10月下旬に三軒屋のハウスに入ったミツバチも4ヶ月も経つとかなり消耗してきます。

ハウス内を飛び回っているミツバチの数も以前に比べるとだいぶ少なくなってきました。

三軒屋のイチゴシーズンは6月中旬までです。あと3ヶ月は頑張ってもらわなければなりません。

エサをあげたりして応援していますが、いよいよ少なくなってしまったらいつもお世話になっている養蜂家の浅原さんにお願いして新しい巣箱に交換してもらいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

第40回静岡県少年剣道大会

Image231 藤枝市前島の静岡県武道館で、「第40回静岡県少年剣道大会」が開催されました。

出場チームは、高学年(5・6年生)の部に101チーム、低学年(4年生以下)の部に73チーム。

今回、大剣会はチームとしては出場していませんが、5年生の一人が他チームの助っ人として出場。みんなで応援に行きました。

来年は、大剣会チームも出場するぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

新規就農に関する意見交換会

Dsc01570 静岡県中部農林事務所主催の「新規就農に関する意見交換会」に出席してきました。

農地や栽培技術など、農業の基盤を持たない人で農業を志す人が最近増えています。

若い方から定年後の第二の人生を農業分野で頑張ってみようという方まで、いろいろです。

農業は法律のしばりや、収益性が自然条件に大きく影響を受けることなどから、なかなか新規参入の難しい産業です。

篤農家の子息でも農業を継がず、農業従事者は全国的に減少の一途ですが、そんな中でも農業に魅力を感じ、人生をそれに賭けてみたいという人もごく希にいらっしゃいます。

静岡県では、農業への新規参入を希望する人のために「がんばる新農業人支援事業」を展開しています。

優秀な専業農家で1年間、栽培技術や経営の勉強をし、その後行政やJAの支援のもと、独立するという流れです。

これまで、県東部、西部地区での事業化がメインでしたが、中部地区でも受け入れ態勢を整えるということで、管内の優秀な農業経営者が集まって意見交換会をしました。

いろいろ難しい問題もたくさんありますが、県・市・地元JAが連携して強力な支援体制を整えていくという方向で意見が一致しました。

三軒屋もまだまだ駆け出しで、たいしたお役にも立てませんが、自らもゼロから始めた農業経営ですので、生のデータをもとに就農相談にお答えできますので、ご興味のある方は遠慮なくお問い合せ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

前日ものイチゴの運命やいかに

ここ数日、午前中にたくさんのお客様にご来店いただいています。本当にありがとうございます。

三軒屋の直売所内には、地元静岡のFMラジオ局「K-MIX」ががかかっていますが、ちょうど今週は「ハッピーストロベリーウィーク」とか言って、イチゴのキャンペーンをしてくれています。

ま、県下の農協がお金を出して宣伝しているわけですが・・・。ひょっとして、そういうのも影響しているのかも。農協さんに感謝です。

Dsc01533さてさて、前にもここに書きましたが、生産直売農家の悩みのタネのひとつが在庫問題です。

小売りのプロである果物屋さんや八百屋さんも、在庫を抱えないように大変なご苦労をしていると思いますが、私たちのような商売の素人には本当に悩ましい問題です。

前日に売り切れなかったイチゴを三軒屋では、次の日50円引きにして直売所で販売します。もちろんちゃんと表示した上でです。

5℃の保冷庫に入れてありますし、パック詰めの後一度も動かさずに静置してありますので、プロの私たちが見ても、前日のものか当日のものか判別がつきません。

知らん顔して「今朝のとりたて新鮮イチゴですよ~。」と言っても、きっとお客様も分からないと思います。

でも、お客様は生産者がやってる直売所の商品は、当然その日に採れた新鮮なものだという前提で来てくださっていると思います。

とするならば、昨日のイチゴを「本日朝どり」とは言わずに黙って売ったとしても、それは「中国うなぎ」を「国産うなぎ」として売るのと同じくらい罪深いことなのではないでしょうか?(それは大げさすぎるか・・・)

ましてや、昨日のイチゴを「本日朝どり」と堂々と言ってのけるなど、言語道断!!(三軒屋ではcoldsweats01)。

ということで、三軒屋のイチゴは何も表示していなければ、「その日の朝採れたイチゴ」。前日の売れ残りは、ちゃんと「前日もの」と表示してありますので、安心して賢くお買い物してください。

ちなみに地方発送のイチゴも、その日に採れたもの以外は絶対にお送りしません。

ここのところは、三軒屋の絶対譲りたくないところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

響を見に行ってきました

Dsc01558 静岡競輪場にお笑いコンビ「響」のライブを見に行ってきました。

午前中に1回やったようですが、私たちは午後の2回目のライブに合わせて出かけました。

午前中のネタは分かりませんが、午後のネタは前にテレビでやってたハイキングのネタでした。

面白かったです。happy01

Dsc0156401思いきり地元なのに、生まれて初めて競輪場内へ入りました。

この日はお笑いライブの効果か、小さな子ども連れのお客さんもたくさん来ていました。

レースは見ましたが、車券は買わずじまい。でも、競輪の生の雰囲気が味わえたので我が家的にはそれで十分です。

また、お笑いライブのあるときに行ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

裏山を掘る少年たち

Dsc01536 自宅裏は竹やぶでしたが、ジージがユンボで開墾して土手状に土が残っています。

ある土曜の午後、少年らが無心に穴を掘っていました。

昔はこういうところでよく落とし穴を作ったり、秘密の洞窟を建設したりしましたが、最近はこういう場所自体が少なくなりました。

三軒屋では日常です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

値下げしました。

Dsc01535 2月に入って収穫量が安定してきました。これまでの値段から全品50円ずつ値下げしました。

「章姫」、「紅ほっぺ」ともにレギュラーパックが1パック500円。

変形、小粒のおやつ用大盛りバラ詰めが1パック400円です。

最近、イチゴの市場相場が高めのようです。昨日、近くのスーパーに行ったとき、イチゴ1パックが580円だったのでビックリ!!

三軒屋で買えば、朝どり新鮮イチゴが500円!!これは絶対「買い!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

用宗剣道スポーツ少年団

Dsc01523 大剣会の稽古日は毎週火曜日と木曜日ですが、高学年の6人は毎週水曜に「用宗剣道スポーツ少年団」に出稽古に行かせていただいています。

会場は静岡市立長田南小学校。

ここには、静岡市立城山中学校剣道部の皆さんも学校での部活動とは別に稽古に来ています。

用宗剣道では、小学生と中学生が合同で稽古をします。

大剣会だけの稽古では、どうしても慣れ合いや甘えが出てしまいますが、他の道場で稽古させていただくことで、大剣会の子どもたちにとっては、緊張感の中でワンランクもツーランクも上の稽古をさせていただいています。

他の道場へ行って、最初はどうしてよいかも分からなかった彼らですが、今では黙っていても、会場に入ってまず先に師範の先生のところに駆け寄り正座、「お願いします」の礼ができるようになりました。

大勢の先生方や中学生の先輩たちから、いつもと違うアドバイスをもらえるのも、すごく新鮮で刺激になっているようです。

用宗剣道の関係者の皆さん、本当にありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

チビッ子剣士募集中!!

2つい先日、新年明けたかと思っていたら、もう2月。新入学も間近に迫って来ました。

小学校へ入学するお子さんのいる家庭では、ランドセルや勉強机の購入など、準備が進んでいることと思います。

新1年生に限らず、新年度から子どもに何か習い事を始めさせようかとご検討中のご家庭も多いと思います。

ということで、大剣会の部員募集チラシを作ってみました。

ご興味のある方、三軒屋までご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

午後も営業しています。

Dsc015171三軒屋の直売所ですが、おかげさまで12月~1月はたくさんの予約注文をいただき、本当にありがたい限りでございました。

反面、午前中で完売の日が続き、たくさんのお客様にご迷惑をおかけもしました。本当にすみませんでした。

ここへ来て「紅ほっぺ」の収穫量が安定してきました。予約注文もひと段落していますので、午後も品物がございます。ぜひお立ち寄りください。

開店時間は、毎朝8時。

閉店時間は、火・水・木が夕方16時ころ、金~月が17時頃です。

三軒屋直売所までのアクセスはこちら → 地図

カーナビでおこしの方は、「大谷はざまクリニック」を目指しておこしください。西隣です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

一気飲み大丈夫?

Dsc01510 昨年10月下旬に一番花の出蕾(しゅつらい)、開花に合わせて養蜂業者さんから交配用のミツバチをお借りしています。毎日、ハウスの中を飛び回り、花粉をつけてくれています。

来たばかりの時は巣箱にたっぷりの蜂蜜が入っているのでしょう、巣箱がズッシリと重く男手でもなかなか運ぶに容易ではありません。

しかし、イチゴの花には蜜がありません。巣箱の中の蜜は日を追うごとにどんどん消耗していきます。ミツバチたちもだんだん元気がなくなってきます。

ということで、不憫なミツバチたちにエサをあげることにしました。

親戚の大工さん(この方もミツバチ飼育を趣味としているらしい・・・)にお願いして、ミツバチのエサ場を作ってもらいました。

材木の切れ端にフスマの溝を掘る機械で溝を入れてもらい、そこに蜂蜜を垂らしてみました。

すると、あっという間に集まってきて、身を乗り出して息もつかずにゴクゴク飲んでるじゃん!そんなに一気に飲んで大丈夫?

羽に蜜がついてしまったミツバチもいて、うまく飛べずにもがいていましたが、久々におなかいっぱいごはんを食べた皆さんは元気モリモリの様子で、飛行速度も大幅アップ。

しかし、こうやって見ていると、ミツバチは昆虫というより動物ですね。かわいい。シーズン後半もよろしくね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

地元大谷の「大正寺」で座禅体験

Dsc01507 地元大谷のお寺「大正寺」で座禅会に参加してきました。

「大正寺」では、毎月第一日曜の朝5時30分から約40分間、一般の人向けに座禅の体験ができます。

10分くらい前にお寺に着いて本堂に入ると、常連さんらしき方々が2~3人待っておられました。

名簿に名前を書いて2月の欄に○をつけました。

5時30分になり、住職がお見えになったのでさっそく始まり。この日は全部で10人ほどの参加でした。

お寺での座禅は、小学生のときに体験して以来なので、30年ぶりくらい。当時は足を膝の上に上げられたのですが、今の私にはもうどう考えても物理的に不可能。あぐらで失礼しました。

40分間というと結構長そうだな~と思っていましたが、やってみると思いのほかあっという間でした。

心を空虚にすることと、ゆったりとした呼吸を心がけましたが、未熟者の私では、なかなかうまくいくものではありません。今後も引き続き鍛錬が必要!!

実はこの座禅、前々から大剣会の子どもたちに是非体験してほしいと思っていました。

剣道は心の鍛錬が非常に重要です。普段の稽古はもちろん、試合や審査会で、相手が誰であっても、またどんな動きをしても、乱れない心を養う・・・。言うのは簡単ですが、実際は高段者でもヒジョーに難しいことです。

大剣会の子どもたちも、スポーツでなく「武道」を学んでいるのですから、競技的な部分だけでなく、心の鍛錬もしてほしいと思っています。

いきなり子どもたちを連れて行く前に、まずはコーチである自分から・・・。ということで、1人でこっそり行ってきました。来月は、3月1日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »