« 秘密基地建設中 | トップページ | 紅ほっぺ 復調の兆し »

2009年1月26日 (月)

剣は心なり

Dsc01459 昨年末、大剣会の稽古納めの時に子どもたち全員に島田虎之助の「剣は心なり」の言葉を贈りました。

「勉強部屋とか、毎日目にするところに貼っておきなさい。」と言ったら、我が家の子どもたちはトイレのドアに貼り付けていました。

剣道の経験者なら誰でも一度は耳にするこの言葉ですが、大剣会の子どもたちにとっては初耳。子どもたちにはどう伝わったでしょう。

大剣会が小学生の部を復活して約1年経ちました。子どもたちは今、剣道が上手になりたくてなりたくてたまりません。みんながみんな、「次の試合では上位を狙う!」と意気込んでいます。

彼らが自覚をもって剣道技術の向上に熱心に取り組むことは大変結構なことです。私も非力ながら知っている技術論はすべて伝えていこうと思っています。

でも、それだけでは「剣道」ではありません。当たり前のことですが、剣の操作法だけ上手になってもそれは本当の意味での「剣道の上達」ではありません。

大剣会では、「子どもたちの心の鍛錬」を最重要事項として、週2回の稽古に取り組んでいます。

礼節を重んじることを通じて他者を思いやる優しい心を、厳しい稽古を通じて逆境に負けない強い心を養っていきます。

ご興味のある方は、こちらをご覧下さい。→ 大剣会の活動時間、場所、会費など

|

« 秘密基地建設中 | トップページ | 紅ほっぺ 復調の兆し »

大剣会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526590/43862811

この記事へのトラックバック一覧です: 剣は心なり:

« 秘密基地建設中 | トップページ | 紅ほっぺ 復調の兆し »